株式会社CIO「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」ケーブル不要のモバイルバッテリー

スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、通常は2つの充電器が必要となるApple WatchとiPhoneの両方が充電できるモバイルバッテリー「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」
しかも、パッド上に端末を置くだけで簡単に充電が可能な画期的なアイテムです。

それでは、ワイヤレスで充電ができて便利な「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」の特徴についてみていきましょう。

Apple WatchとiPhoneが充電可能な「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」

通常、Apple Watchは専用充電器で、スマホはワイヤレス充電器で、それぞれの充電器を別々に使う必要がありますが、「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」は1つのパッド内にコイルが2つ内蔵されており、置いたデバイスを自動判別して適正な電流を送ることが可能です。

複数の機能が1つに集約されれば、省スペース化が実現でき、時間やコストの削減にも繋がりますし、さらに「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、パススルー機能にも対応。ワイヤレス充電器としても活用できるのは嬉しいポイントですね。

MagSafe対応でピタッと吸着する「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」

ワイヤレスで簡単にApple WatchとiPhoneなどのスマホが充電できる「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、MagSafe対応しています。

強力な磁石を内蔵しており、磁気ワイヤレス充電機能を持つiPhone12なら、正確な位置にピタッと吸着し、充電効率がアップ。磁力が安定しているので吸着効果が高く充電の際の位置ズレしませんし、カバンの中に入れていてもMagSafeのマグネットでズレる心配もありません。

コンパクトでスタンドとしても機能する「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」

MagSafe対応で安定して使える「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、従来のMagSafeモバイルバッテリーより約1.5cmも縮小したコンパクト設計なのも特徴です。iPhone12 miniに収まり、且つカメラの邪魔にならないようになっており、かつ軽量なのでスマホに付けてもストレスを感じず、持ち歩きの際も気になりません。

また、「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」は、バッテリーの裏側にスタンドを内蔵しており、自由な角度で本体を自立させるスマホスタンドとしても活用できます。日常での動作視聴やオフィス、通勤電車など様々なシーンで活躍できそうですね。

スマホとApple Watchを1台でワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「CIOハイブリッドワイヤレスバッテリー」に興味のある方はこちらのサイトを要チェックです。

iPhoneとApple Watch両方の充電ができるマグネットバッテリー

定価5478円

スポンサーリンク一括

-10000円以下, 10000円以下, 10000円以下, 10000円以下, 10000円以下, 10000円以下, クラウドファンディング, クリスマス, 入学祝い, 卒業祝い, 母の日, 父の日, 誕生日

© 2022 国道800号線