Lilyleather Design「EIJIN」1本で3役!キャンプ専用ナイフ

スポンサーリンク

今回ご紹介するのはキャンプ専用ナイフの「EIJIN」
大阪・堺の森本刃物製作所と大阪・淀川のリリーレザーデザインが共創した、野菜や肉のカットなどバーベキューの準備から、焚火用のバトニング(薪割り)まで1本でできる、完全オリジナルのアウトドアナイフです。

こだわりの職人が作ったキャンプ専用ナイフは専用カバーなどもあり特別感満載。それでは「EIJIN」の特徴についてみていきましょう。

職人による妥協なき設計の「EIJIN」

キャンプ専用ナイフ「EIJIN」の名前は「鋭い切れ味と強靭さを兼ね備えた逸品」という意味の「鋭靭」です。切る・削る・断つを誰でも1本でおこなえることを目的として作られており、女性にも扱えるサイズ感などこだわりが詰まっています。

バーベキューの主役であるお肉もザクザクとカットできますし、削る機能では手作りスティック(お箸)や飯盒炊爨のハンギングロッド(掛け棒)を現地で作ることができます。

また、肉厚4.8mmの刀身はキャンプの醍醐味バトニング(薪割り)にも使えるのも嬉しいポイントですね。ハチェット(手斧)の取り扱いは少し難しいですが、キャンプ専用ナイフ「EIJIN」ならお子様でもバトニングが楽しめます。

ブレード(刀身)にこだわった「EIJIN」

設計にこだわった「EIJIN」の刀身は、数ある鋼材の中から「炭素鋼・白紙2号」をステンレス鋼で挟んだ割込包丁と同じ材料を厚物ナイフ用に新しく製造したオリジナルサンドイッチ鋼材が採用されています。新しい鋼材にはもちろん焼き入れテストなど安定した品質に仕上がるよう配慮がされており安心です。

3層構造の特注鋼材は、厚み4.8㎜あり、斧や鉈に近いあら使いや、バトニング(薪割り)の衝撃にも耐えるように設計されており、刃先から柄まで一体の鋼材を使用して強度を確保しています。

グリップ(柄)にもこだわった「EIJIN」

「EIJIN」はブレードだけでなくグリップ部分にもこだわっており、グリップ部分には高級家具にも使用されるウォルナット材を使用しました。ウォルナット素材は、「耐衝撃性に強い」「杢目が美しい」「加工性や密着性に優れている」「狂いが少ない」などの特徴を備えており、人が使いこむことにより味がある風合いになり経年変化を楽しめます。

形状は銃の台座をイメージしたグリップエンドに向かって広がる形で、手になじみしっかりと握ることができることもポイントです。

さらに「EIJIN」は肉厚のヌメ革オリジナルレザーケース(鞘)も制作されており、鞘の部分も経年劣化を楽しむことができそうですね。「EIJIN」は、設計、材料選定、製作まで全て日本で行っているオールジャパン仕様です。

細部までこだわったキャンプ専用ナイフ「EIJIN」に興味のある方はこちらのサイトをご覧ください。

大阪製【切る・削る・断つ】一本でオッケー! キャンプ専用ナイフ「EIJIN」

スポンサーリンク一括

-30000円~50000円, 30000円~50000円, クラウドファンディング, クリスマス, 誕生日

© 2022 国道800号線